頻尿を止める薬がある?

頻尿を止める薬がある?

殆ど自宅で過ごすような場合はいいですが、そうでないと頻尿はさまざまな場面で困ってしまいますよね。
頻尿の原因は泌尿器官の病気や老化の他にも、心因性の頻尿などいろいろありますが、特に泌尿器系の病気が原因の場合は薬が大変効果的です。
頻尿の原因で一番多いのが膀胱炎だと言われており、特に若い人が突然頻尿になった場合には、膀胱炎や尿道炎を疑った方が良いでしょう。
医師から処方された薬を指示された通りに飲めば、すぐに症状は改善します。
この時に使われる薬は、膀胱の収縮を改善する抗コリン剤や膀胱平滑筋弛緩薬、そして、膀胱や尿道の炎症を抑える抗生剤です。
もちろん、使用する際には、医師の指示に従う必要があります。
また、泌尿器系には問題がないのに起きてしまう原因不明の頻尿の中には、神経性ではないかと思われる症状もあるでしょう。
例えば、映画館や会議など、長時間トイレに立てないような時に限って尿意を催してしまうようなケースなども神経性頻尿の症状に含まれます。
そのような場合には、抗生剤などは効果がありません。
頻尿が起きる状況や症状に合わせて、抗不安薬や自律神経調整剤、抗うつ剤などを使うことがあります。
ただ、これらは確実に頻尿を止められるわけではありません。
ですから、膀胱の収縮を緩和する目的で抗コリン剤を併用することもあります。
いずれにしても、加齢による頻尿ではない場合には早めに通院されることをお勧めします。

頻尿・尿漏れ・尿失禁を自分で解決する方法

頻尿、尿漏れ、尿失禁などおしっこのトラブル、自分の力で解決できたらいいと思いませんか?
テレビ番組「スッキリ!!」や「はなまるマーケット」に出演し、多数の雑誌にも注目されている、女性泌尿器科医「関口由紀」先生の、「尿トラブルを解決する方法」。
1日15分のかんたんな運動で、トイレに行く回数を2分の1に減らす方法とは?
知りたい方は、下記のページへ!

 

●男性の尿漏れ・尿失禁・頻尿の解決

頻尿改善
男性はこちら

 

●女性の尿漏れ・尿失禁・頻尿の解決

頻尿改善
女性はこちら